Thursday, September 3, 2015

FAIR

東京事変 (Tokyo Jihen)

FAIR

子供が静寂を引裂いたのは
真っ暗暗を呑み込んだのだろう
月の无い夜は长引くぞ
明けるまで
大人が若さを羡んだのは
さんざめく世を贫ったのだろう
风も无い日が追込むぞ
暮れてまで
何とも思って居ない
眠らないのも私の胜手
満ちては引いた潮の所为
酔いを醒ましたら
疵痕ごと腐败した残像
熟れては落下するだけさ
何もしないで居たい
帰らないのも私の胜手
过ぎては去った时の所为
追い分け引き分け
兵または逃げ腰の残党
咲いて萎んで花と散って
何とも思って居ない
眠らないのも私の胜手
満ちては引いた潮の所为
酔いを醒ましたら
疵痕ごと腐败した残像
熟れては落下するだけさ

source: http://cjklyrics.com/tokyo-jihen-fair.html

No comments:

Post a Comment

© cjklyrics | Blogger Template by Enny Law