Tuesday, July 21, 2015

Invisible Strings

松任谷由実 (Yumi Matsutoya)

Invisible Strings

シルクのような雨 耳を澄ましたら
街の喧騒はかすれてゆく
それは ほんのひととき あなたの想い出 微笑ませてくれる
雨はただ そっと肩を抱き
目がしらを くすぐっているよ
恋の日記はいつか終りが来るけど
愛のまなざしは ずっとそのまま
どんなこと書いたか 覚えてなくても 言葉は立ち昇る
When the love is gone 愛が去ったとき
物語は完結するのね
忘れないで あなたがくれた やさしさがここにあることを
思い出して 見えない糸で 綴じられた日々があることを
ページをめくるように 年は代わるけど
私たちの時計 止まったまま
高原の花のように 湖のように 霞んでゆれている
When the love is gone 愛が去ったとき
物語は書きたせないのね
忘れないわ あなたがくれた やさしさがここにあるから
思い出すわ 見えない糸で 結ばれたふたりがいるから
忘れないで あなたがくれた やさしさがここにあることを
思い出して 見えない糸を 信じてる私がいることを

source: http://cjklyrics.com/yumi-matsutoya-invisible-strings.html

No comments:

Post a Comment

© cjklyrics | Blogger Template by Enny Law