Friday, April 24, 2015

Baptize

妖精帝國 (Yōsei Teikoku)

Baptize

冬の蕾花咲く頃
空の色は銀に輝く
大気は奮え風は花弁を
羽根のように吹き散らす
誘い誘え彼の場所へと
金に輝く桃源郷は
全て飲み込む天か地獄か
凍ったままの刻の中
孤独に耐えて誰を待つ
神よ私は罪ですか
碧い瞳は何を映すの
古の物語でも彼を奮わせられない
深く深い氷の下には
生まれたての聖なる光
どうか彼を導いて
生に縋り赦しを乞い
天の遣わす恵みの露
全て飲み干す慈悲か悪意か
堕落した思考のまま
生きる希望誰に託す
神よ私に贖いを
白い大地を覆う冷気は
染みついた赤い穢れを瞳の奥に堕とす
奪い奪う死闘の痛みは
大切な人を失くした
終末の痛みと知る
融けた刻の中
孤独を抱いて朝を待つ
神よ私に真実を
赤い瞳は何を赦すの
吹き荒ぶ胸の嵐を鉄の刃に変えて
背負う罪が広がる速さに
祈りの密度を高めて
覚悟の名で誡めてBaptize

source: http://cjklyrics.com/y-sei-teikoku-baptize.html

No comments:

Post a Comment

© cjklyrics | Blogger Template by Enny Law