Sunday, September 14, 2014

We Were In L.A.

中原めいこ (Meiko Nakahara)

We Were In L.A.

Radioから聞こえてくる love song
心はあの日に舞い戻るわ
窓の外にはヨットが見えた
時は過ぎ 訪れたこの街
白いペンキの匂い
海風のテラスで ポストカードを書くわ
ah 夏の光が痛みを覚えてる
ふたりで見た熱い夢は
追いかけられずに消えたの
ドアを出て行った
私の荷物を
アナタは黙って運んでくれた
走り出す車 見送るアナタが
青い風の色に溶けて行った
今でも気にかかるのよ
別れ際の表情が見えなくて…
何もかも そのままにあるのよ
あのバーガースタンドも
ただ小麦色した ふたりがいないだけね
ah 許して soldier boy
くやしかったのよ
アナタだけがもっと高く
飛び立つ気がして…
my only one
We were kissin' in the morning
裸足で暮らした
むこう見ずな日々を忘れないわ
あれから少しは強くなったつもり
だからアナタも忘れないでいて
今なら素直に言える
悪くないわ あの頃も
We were in L.A.
心から愛してた
We were in L.A.…"

source: http://cjklyrics.com/meiko-nakahara-we-were-in-l-a.html

雨の日に... (Ame no Hi ni...)

エレファントカシマシ (Elephant Kashimashi)

雨の日に... (Ame no Hi ni...)

雨の日に僕は道に迷ってる
びしょ濡れのくつで坂道をたどった。
「いいことないかな?」 僕のそんなつぶやきは
雨にけぶる町に すひこまれてしまった。
雨は降る、町にそしてココロに。
また雨は降る、傷だらけの旅人。
若き日のあこがれひとつひとつを
捨てさりゆく歴史。それが人生だった。
雨の日に、僕は道に迷ってる
ひゃうし抜けするくらゐ、町はしづかだった。
バスがゆく、僕の目の前通りすぎて。
目的地に向かって行ったり来たりしてゐる。
道に迷ってさまよふ旅人
ココロの隙間に 雨がシトシト
雨は降る、町にそしてココロに。
また雨が降る、傷だらけの旅人。
道に迷ってさまよふ旅人
ココロの隙間に 雨がシトシト
カラスが一羽「アホウ」とないて飛んだ。
目の前の日々が僕の全てか
バスに乗り、僕は揺られてゆくよ。
目の前の日々が僕の全てだった
僕の全てだった
傷だらけの旅人

source: http://cjklyrics.com/elephant-kashimashi-ame-no-hi-ni.html

青春のとびら

いきものがかり (Ikimono Gakari)

青春のとびら

開かずの ドアは
 僕らの前 立ち聳(そび)えている
覗いてみるかい?
 これが未来 未知なる世界
この鍵は 渡しておこう
 すべては その手で 決めていくんだ
踏み出せばいい 大丈夫だよ
 恐れる 心は "強さ"へと変わる
ららら ららら 鳴り響く 鐘
生まれ 変わる 瞬間(とき)を 伝うよ
僕ら つよく なれるんだ ほら
青春の とびら 開け
ひとつ ふたつと 踏みしめていく
 これからの道
振り返るのは 辿り着いた
 頂(ばしょ)からでいい
予想図は 捨ててしまおう
 すべては その眼で 確かめるんだ
手を伸ばせば 掴めるんだよ
 戸惑う 心は "力"へと変わる
ららら ららら 鳴り止まぬ 鐘
夢が 覚める 瞬間(とき)を 告げるよ
僕ら つよく なれるんだ ほら
青春の とびら 開け
ららら ららら 鳴り果てる 鐘
旅立つべき 瞬間(とき)を 唄うよ
僕ら つよく なれるんだ ほら
青春の
ららら ららら 鳴り響く 鐘
生まれ 変わる 瞬間(とき)を 伝うよ
僕ら つよく なれるんだ ほら
青春の とびら 開け

source: http://cjklyrics.com/ikimono-gakari1-469514.html

白昼夢 (Hakuchuumu, Daydreaming)

新居昭乃 (Akino Arai)

白昼夢 (Hakuchuumu, Daydreaming)

真昼の町は静かすぎて
太陽だけが黒い影を歌う
黙ってるあなたにそっぽ向いて
窓に腰をかけて
光る屋根をみていた
水をまいた表通りに空が映る
ふいに風が吹いたら胸からすわれそうで
ふり向けば部屋の中
まっ暗 急にめまい
ふわり 飛んだからだ
昔住んでた田舎町の昼下がりは
しんと時が止まる
黙ってる家並み 埃っぽい道
あなたがいた ここに
そんな気がしている
海に抱かれ目を閉じると宇宙が見える
そう言ってたあなたに会いに
海へ帰る さまよえば声がする
泣いてる 誰かが呼ぶ
どこか遠いところ
ふわり 飛んだからだ

source: http://cjklyrics.com/akino-arai-hakuchuumu-daydreaming.html

月華-Tsukihana-

北出菜奈 (Nana Kitade)

月華-Tsukihana-

Yami to asobu hoshi-tachi e
Ai o utai yakitsukushite
Batsu o tomoshi hinagiku no
Yume ni yorisou tsume no ato
Kuchibiru kara kuchibiru e to tsutai
Sono nukumori wa doko e?
Tadoritsuku ate wa nai no ni
Anata de nakucha mitasenai
Watashi ja nakya yurusenakatta
Dakara watashi wa kono ashi de
Tachiagarete zottoshitan da
Kaigoroshi nara sukuwareru
Demo migoto ni kagi wa hazurete
Watashi wa maru de
Torikago o hoshite iru kurutta kotori
Uso o idaita hana
Sameta yubi de misukashite
Furete dakedo yogosanaide
Furikaeru to hitohira no
Hane ga kogetsuku ibaramichi
Maboroshi nara maboroshi o aishite
Asu de sae suterareru
Osoreru riyuu o oshiete
Anata ga nakucha ikirarezu
Kuchiru yoru o oikaketa no wa
Watashi o subete sono ude e
Ubai agete hoshikatta kara
Kedo seijaku ni tsutsumareru
Kisokuteki na iyashii kodou
Fuzaketa heya de
Tenbatsu o kazoete iru mimi o fusaide
Anata de nakucha mitasenai
Watashi ja nakya yurusenakatta
Dakara watashi wa kono ashi de
Tachiagarete zottoshitan da
Kaigoroshi nara sukuwareru
Demo migoto ni kagi wa hazurete
Watashi wa maru de
Torikago o hoshite iru kurutta kotori
Uso o idaita hana

source: http://cjklyrics.com/nana-kitade-tsukihana.html

明年今日

陳奕迅 (Eason Chan)

明年今日

作詞:林夕 作曲:陳小霞 編曲:陳輝陽
若這一束吊燈傾瀉下來 或者我已不會存在
即使你不愛 亦不需要分開
若這一刻我竟嚴重癡呆 跟本不需要被愛
永遠在床上發夢 餘生都不會再悲哀
*人總需要勇敢生存 我還是重新許願
 例如學會 承受失戀
明年今日 別要再失戀 床褥都改變 如果有幸會面
或在同伴新婚的盛宴 惶惑地等待你出現
明年今日 未見你一年 誰捨得改變 離開你六十年
但願能認得出你的子女 臨別亦聽得到你講再見
Repeat *
明年今日 未見你一年 床褥都改變 如果有幸會面
或在同伴新婚的盛宴 惶惑地等待你出現
明年今日 別了你一年 誰捨得改變 離開你六十年
但願能認得出你的子女 臨別亦聽得到你講再見
在有生的瞬間能遇到你 竟花光所有運氣
到這日才發現 曾呼吸過空氣

source: http://cjklyrics.com/eason-chan-471167.html

手紙 (Tegami)

東京事変 (Tokyo Jihen)

手紙 (Tegami)

前略
貴方が今日、その手を隠しても
代わりに瞳が何かを捕らえ、
独りでにまた研ぎ澄まされて
新しい力を携えるでしょう。
確信を持つのは当然なこと、
何故なら。
あー貴方はもう群青(あお)さに
甘えずに戻らない路を選ぶと云っている。
私ももう溜め息は漏らさない。
美しい貴方の決断がため。
大人になった私達には
何時でも答えが要るんだね。
「恐い。」と、惑っている間にも
生命は、燃えてしまう。
祈っているよ。貴方の色が、
どんなに酷く澱んだって変わらないさ。
伝えたこと、遥か遠くで方位を失っても、
どうか憶えていて。
私はずっと唄っている。
昔はもっと、季節の過ぎ行く
速度が遅く思えていたのに。
近頃、何だか速くなるみたい。
為すべきことが山積みになる。
大人になった私達には
今直ぐ答えが欲しいよね。
途中で迷っている間にも、
生命が芽生える。
願っているよ。貴方の夢は、
どんなに濁る世界だって壊せないさ。
望んだ侭、突き進んで居て方位を誤ったら、
そっと思い出して。
追伸
背負っても潰されないのは、
今日も貴方が生きていると信じていて、
疑わずにいるからなんだよ。
(ほんの些細な理由) 
どうかお元気で…。

source: http://cjklyrics.com/tokyo-jihen-tegami.html

ドキドキしちゃう

スガシカオ (Shikao Suga)

ドキドキしちゃう

ぼくらが確かに 今いい大人になったからって
全ての事を 許したとでも思っているのかい
あの時のイタミ あの言葉の意味
今でも ドキドキしちゃう
君のそばで 今笑顔をつくって話してるからって
全てを 水に流したとでも思っているのかい
あのころの日々 そして笑顔の意味
思い出して ドキドキしちゃう
ユメのように 朝になって イタミなんて全て消えてほしい
ぼくにとって 君にとって すばらしすぎる朝がくればいいけど
あの時も ぼくはほんの少し考えていたんだ
キミに好かれるためには どうすればいいのかって
コビをうりまくって やさしい人になって
いまでも ドキドキしちゃう
どうして そんな うかない顔をしてだまっているんだい
気まずいことが 頭をよぎってあせっているのかい
こんな僕の話 聞かないフリをして
幸せだって そう 言い切っちゃえ
時がたって 記憶なんて 心のなかでとけてしまえばいい
ぼくにとって 君にとって 新しい日々だけがくればいいのに
どれだけ 君が すばらしい大人になったからって
どんなにたくさんの 慈悲のこころをもっていたって
ずっとぼくの胸に 紙芝居のように
めくるたび ドキドキしちゃう
ドキドキしちゃう
ユメのように 朝になって イタミなんて全て消えてほしい
ぼくにとって 君にとって すばらしすぎる朝がくればいいけど
記憶なんて 心のなかでとけてしまえばいい
ぼくにとって 君にとって 新しい日々だけがくればいいのに

source: http://cjklyrics.com/shikao-suga-473733.html

© cjklyrics | Blogger Template by Enny Law