Sunday, September 7, 2014

ONE

関ジャニ∞ (Kanjani8)

ONE

冷たい雨に何度も打たれ
疲れ果てても陽はまた昇る
気がつけば一人部屋の中 
いつも暗闇で全てを塞いだ
このままもう何もかもが壊れるなら 
それでもいいかな
心とは無関係に季節は巡り 
なつかしく新しい空気の中
強く信じ前に進むことで 
全てが生まれ変わる
今からだ
手を伸ばせつかみとるんだ
目を凝らして奪い取るんだ
戦うこと恐れず心からぶつかれば
その先で花は咲くだろ
本当は恐くて誰より弱くて
それでもただ前に進まなければ
 
手を伸ばせつかみとるんだ
目を凝らして奪い取るんだ
戦うこと恐れずに心からぶつからば
その先で花は咲くだろう

source: http://cjklyrics.com/kanjani8-one.html

ルイラン

いとうかなこ (Kanako Itō)

ルイラン

誰にも止められない 鈍く光る情熱の炎は
誰にも見えはしない場所にしまいこんだまま
嗚呼 雷鳴が響いてる 嵐の兆し近づいて
嗚呼 胸が痛いみたい 押さえきれない 今にも空あふれそう
激しい風が炎を燃やすよ 会いたくて ひとりきり
激しい風が空を引き裂くよ ひとりだけ抜け出せないよ
赤くゆらめいてる 刹那に光る衝動の炎は
ふたりの姿見るたび 繰り返し点滅する
嗚呼 雷光が閃く 嵐はこの時を包み
嗚呼 胸の奥が痛い 押えるしかない 今にも声あふれそう
激しい雨が炎をかき消すよ 会えなくて ひとりきり
激しい雨が空を揺るがすよ ひとりだけ抜け出せないよ

source: http://cjklyrics.com/kanako-it-471748.html

F・T・O

関ジャニ∞ (Kanjani8)

F・T・O

親の代から岸和田育ち 年に一度の男の舞台
気合い十分だんじり見つめ 祭り太鼓に声かけ合わす
さあさ はじまりまっせ
四角四面の浮世の憂さを 払うこの日に遠慮はいらん
にいやんねえやんおとんにおかん ここで合うたも他生の縁じゃ
さあさ寄ってきなはれ
ドンドン花火がうち上がりゃ 心も踊りだす
各々悩みもあるだろが まぁまぁおいといて
Funky Town Osaka カッコつけんと来たりぃや
祭り 人生 阿呆が勝ちや
Funky Town Osaka 気ぃ使わんと来たりぃや
同じ阿呆なら夢見にゃ損損
通り埋まった人波みの中 心配顔のあの娘が見える
ここでびびっちゃ男が廃る 一世一代の山車曳き廻し
ここが踏ん張りどこや
年々世の中せちがらく 心もぎすぎすで
ぼちぼち元気にいきましょう 優しくなりましょう 
Funky Town Osaka ハンパなやつぁ気ぃつけや
走り出したら どんじりまでとまらんでぇ
Funky Town Osaka 本気のやつぁ来たりぃや
銭も根性も 使うてなんぼ
Funky Town Osaka ハンパなやつぁ気ぃつけや
走り出したら とんじりまでとまらんでぇ
Funky Town Osaka 本気のやつぁ来たりぃや
銭も根性も 使うてなんぼ
Funky Town Osaka カッコつけんと来たりぃや
祭り 人生 阿呆が勝ちや
Funky Town Osaka 気ぃ使わんと来たりぃや
同じ阿呆なら夢見にゃ損損

source: http://cjklyrics.com/kanjani8-f-t-o.html

Roshini's Song

アンジェラ・アキ (Angela Aki)

Roshini's Song

Before you go, before you close your eyes
Hold still and bear my one last plea
The air's still stale and I can't help my sighs
Unbearable pain from such a small little seed
You're falling away right in front of my face
You're holding on to that last piece of grace
I promise I'll try not to give up this fight
Let me love you one more night
Smiling to hide destruction inside
I'm trembling with fear underneath my skin
These last few hours I'll forget about my pride, and
Show you the colors that lie deep within
You're falling away right in front of my face
You're holding on to that last piece of grace
I promise I'll try not to give up this fight
Let me love you one more night
It's ten past the hour, how much longer will I have to stand this
Test of being much stronger
I feel like I'm falling, I'm falling, falling away...
Right in front of your face
I'm holding on to that last piece of grace
Promise you'll try not to give up this fight
Let me love you one more night

source: http://cjklyrics.com/angela-aki-roshini-s-song.html

七つの海を渡る風のように

愛内里菜 (Rina Aiuchi) & 三枝夕夏 In Db (U-ka Saegusa In Db)

七つの海を渡る風のように

数え切れないほどに「いつか」はいつになったら叶うの?叶う日はやって来るの?
歩く意味ばかり考えて初めの一歩が踏み出せずに自分に言い訳増えてく
一秒たりとも戻れず一秒先も見えずこんな場所で信じきれるのは君の心
七つの海を渡る風のように青い未来に夢を描くよ
胸が潰れそうなほど振り向くといつも君がいる熱く君がいる
きらめく奇跡は波しぶき世界中にほら満ち溢れている水平線に溶けるオレンジ
でも現実と理想と限界の境界線が壊れてくねぇ次はきっと諦めない
日差し探して育つつぼみのように君の笑顔に照らされてぎゅっと強くなる
七つの海を渡る風のように明日に赤い花を咲かそう
心のオアシス息も止まりそうなほど強く君を感じたい
この世界が悲しく回るとしても君と生きるよもう翼は畳まない
七つの海を渡る風のように青い未来に夢を描くよ
胸が潰れそうなほど振り向くといつも君がいる熱く君がいる
強く君を感じたい七つの海を渡る風のように

source: http://cjklyrics.com/rina-aiuchi-in-db-u-ka-saegusa-in-db-469981.html

HALF

中島みゆき (Miyuki Nakajima)

HALF

はじめてあなたを見かけた時に 誰よりもなつかしい気がしました
遠い昔から知ってたような とてもなつかしい人に思えて
気のせいでしょうとそれきり忙しく 時は流れてゆく費やす日々
傷つけ傷つく苦い旅の中で 私あなたのこと思い出したわ
次に生まれて来る時は めぐり会おうと誓ったね
次に生まれて来る時は 離れないよと誓ったね
なんで遠回りばかりしてきたの
私 誓いを忘れて今日の日まで
私たちは こうしてさすらいながら
この人生もすれ違ってしまうのですか
誰でもいいほどさみしかったけれど 誰からももらえはしない愛だった
遠い彼方の日誓った約束を やっと思い出す でも遅すぎて
寄り添いたくて寄り添いたくて 魂の半分が足りなかった
人違いばかりくり返すうちに 見失うばかりの大切な人
次に生まれて来る時は めぐり会おうと誓ったね
次に生まれて来る時は 離れないよと誓ったね
なんで遠回りばかりしてきたの
私 誓いを忘れて今日の日まで
私たちは こうしてさすらいながら
この人生もすれ違ってしまうのですか
次に生まれて来る時は めぐり会おうと誓ったね
次に生まれて来る時は 離れないよと誓ったね
せめて伝えたい 後ろ姿に
私 おぼえていたよと今さらなのに
もう一度誓いなおすことができるなら
この次に生まれて来る時は きっと

source: http://cjklyrics.com/miyuki-nakajima-half.html

~ハミング~

岡崎律子 (Ritsuko Okazaki)

~ハミング~

まじめで踏みはずさない 
あたしの堅い人生
思い切ってジャンプもした 
ここは 今 どのあたり
思うよりたやすい事 
この逆もよくある事
考え過ぎがいけないと 
わかってて くり返す
まだ早いかも 遅いかも 
いつも迷う それはタイミング
だけど All right
さあ今だ その時はわかる
その頃 彼に夢中で 
もっと喜ばせたくて
それだけに 心くだいた 
今はもうなつかしい
別れはとてもかなしい 嘘や卑怯にも出会う
でもやめない 明日を見たいから
ふるいたたせて 外へ出れば 
容赦なく 靴を踏まれてる
Bad morning Train それでも行く 
晴れた空 あおぐ
悩んでいても 抱えこんでも 
同じこと 朝はやって来る
Good morning JAM 
大好きな その声を聴こう
Good morning JAM
さあ今だ 行こう その時はわかる

source: http://cjklyrics.com/ritsuko-okazaki-469326.html

ストーリーテラー (Sutooriiteraa, Storyteller)

鬼束ちひろ (Chihiro Onitsuka)

ストーリーテラー (Sutooriiteraa, Storyteller)

何かが蠢くかのように
私は語り始めよう
少しの幸福なんかより
官能的なものでありたい
止処ない展開が
偏光することを望む
開かれた表紙の奥は
簡単にエデンを追いう越す
何が待っているのだろう
何が始まるのだろう
燃える皮膚が騒めいている
ヘイ ストーリーテラー
退屈にさせないで
劇的で 美しくて
そんな明日へ 導いて
ヘイ ストーリーテラー
過激に楽しみたいの
颯爽と連れられて
不可思儀な期待で
次の扉が開く
偶然や運命が渦巻く
私は歩き始めよう
今はまだ小さい裂け目でも
気付けば全部を呑み込む
健全で傷みもない
そんあふうにはなれなくて
開かれたページの奥は
純白のままここに在る
進むべき方向へと
選ぶべき物事へと
見えない力が運んでゆく
ヘイ ストーリーテラー 
迷わせたりしないで
神聖で 潔ぎよくて
そんな未来へ導いて
ヘイ ストーリーテラー
予想をり裏切たいの
颯爽と連れられて
不可思儀な期待で
次の扉が開く
どんな物語が
繰り広げられるのかを
快感に変えて行ける
受け入れるその先は
誰もら知らない
続きが無くて震えてしまう
ヘイ ストーリーテラー
退屈にさせないで
劇的で 美しくて
そんな明日へ 導いて
ヘイ ストーリーテラー
過激に楽しみたいの
颯爽と連れられて
不可思儀な期待で
次の扉が開く
Ad Libbed (Not Published in Official Lyrics)
Hey Storyteller
Don't tell me
Hey Storyteller
Please leave me
Hey Storyteller
Don't tell me
Hey Storyteller
Please leave me
Hey Storyteller
Don't tell me
Hey Storyteller

source: http://cjklyrics.com/chihiro-onitsuka-sutooriiteraa-storyteller.html

Voices

新居昭乃 (Akino Arai)

Voices

ひとつめの言葉は夢
眠りの中から
胸の奥の 暗闇を
そっと 連れ出すの
ふたつめの言葉は風
行くてを おしえて
神様の腕の中へ
翼をあおるの
とけていった 悲しいことを
かぞえるように
金色のりんごが
また ひとつ落ちる
見たこともない風景
そこが帰る場所
たったひとつのいのちに
たどりつく場所
古い魔法の本
月のしずく 夜のとばり
いつか逢える 予感だけ
WE CAN FLY
WE HAVE WINGS
WE CAN TOUCH FLOATING DREAMS
CALL ME FROM SO FAR
THROUGH THE WIND
IN THE LIGHT
みっつめの言葉は  hum...
耳をすましたら
あなたのふるえる腕を
そっと ときはなつ

source: http://cjklyrics.com/akino-arai-voices.html

翼はなくても

小松未歩 (Miho Komatsu)

翼はなくても

足跡を色濃く落とし
幕を閉じた 傷だらけの君
残された僕等の方が
思い出をまだ引き摺ってるよ
勇み立つこの気持ち
でも今は繋ぎとめたくて
翼はなくても
飛び立てる君を見ていると
僕等が住むこの世界は
ただ 褪せて見えた
光り輝く未来 待ち構えてる
ガラス窓 映る姿は
誰にも見せない素顔がある
ほろ苦い涙がこぼれて
本当の孤独を味わったの
眠れない夜ばかり
失くしたものは多いけれど
生きてる証しを
この時代に示してゆきたい
ささやかな夢と笑う人が
讃えるまで
いつか必ず 大空舞う鳥になる
風の便りを僕等は
まだ残された世界で待ってる
fly away…
翼はなくても
飛び立てる君を見ていると
僕等が住むこの世界は
ただ 褪せて見えた
光り輝く未来 待ち構えてる
迷い 立ち止まる日々も 力に変えて

source: http://cjklyrics.com/miho-komatsu-474914.html

© cjklyrics | Blogger Template by Enny Law