Friday, May 23, 2014

ロマンティックな夜だわ

中森明菜 (Akina Nakamori)

ロマンティックな夜だわ

ロマンティックな夜だわ
ドラマティックな恋だわ
あなたからしかけてよ
ときめくハートに魅惑のワナ
ワイン・レッドのドレスで
少しハードな気分で
私からあげましょう
アバンチュールはこれから
あやしげに光る Moonlight
とまどいに揺れる Midnight
ああ二人を包んで
背中へと はうような 熱い視線 感じても
ギリギリまでは じらすのよ
ああ あまりに罪な
ああ いけない予感, No No ……
ロマンティックな夜だわ
ドラマティックな恋だわ
運命のいたずらに さらわれたいの
唇がふれる Moonlight
ネクタイがゆるむ Midnight
ころがるままに 砕けたの
ああ 名前も聞かず
ああ つれない人ね, No No……
ロマンティックな夜だわ
ドラマティックな恋だわ
あなたからしかけてよ
ときめくハートに魅惑のワナ
本気だったら見つめて
遊びだったらそれまで
運命のいたずらに さらわれたいの
運命のいたずらに さらわれたいの

source: http://cjklyrics.com/akina-nakamori-471905.html

温り

中森明菜 (Akina Nakamori)

温り

冷めてしまうの 紅茶(レモンティ)が
そんな思いつめないでね
私なら もう平気
お別れに黄昏の街に 誘ってほしい
なんとなく 気付いていた
あなたと あの娘のことなら
一人悩んだ 夜に比べれば
打ち明けてくれて 救われたよう
車が通るたび あなたの手が
そっとやさしく 私をかばうのよ
この温りを 忘れはしない
たとえあなたには 軽い癖でも
街角の ショーウィンドー
華やぐ季節を 先取り
春のおしゃれを 楽しむ気分は
おあずけね あなた忘れる日まで
今日まで愛された そのお返し
できる限り ほほえみ続けるわ
あなたのやさしさ 今はせつなく
サヨナラの握手 そっと求めた

source: http://cjklyrics.com/akina-nakamori-471804.html

千鶴

ガゼット (The Gazette)

千鶴

あなたの手紙には読めない字だけ
会ってその口から聞かせて欲しい
慣れない白は苦手 吐息さえ響く
空の色さえ知れたら救われるのに
上手く出来ぬ呼吸もいつか忘れたい
そう願える強さも干涸びそうで
「うつ伏せの明日」歌えば 棘を伝う睡眠
身体に絡ませられたRestraint
Even the mind seems to sleep
頬に触れた熱はとても懐かしく優しい
朦朧の狭間で見た影 暖色の夢
あなたに映る私の目が
あなたを見失う日が来ても
この目に焼き付いてくれている
木洩れ陽の日々とあなたは
連れて行かないで
滲む白が揺れる
言葉も忘れそう
涙は流れて何処へ行くの
私の名前を呼んで
砕けるくらい抱いて
これ以上失うのは怖い
あなたは何処で私の事歌っているの
耳をすましても響くのは不安定な鼓動
頬に残ってたはずの熱が思い出せない
朦朧の狭間で見たのは 寒色の現実
千羽のとても小さな
あなたの願いに寄り添って
笑顔も返せずにただ
吐息を数えていた記憶の最期に…
あなたの声が聞こえて
全てを無くした朝
「一つになれぬ二人」

source: http://cjklyrics.com/the-gazette-469073.html

Over

浜崎あゆみ (Ayumi Hamasaki)

Over

あの日何か言いかけた
横顔まだ覚えてるよ
ねえ 最後までちゃんと聞いて
あげなれなくってごめんね
I honestly love you
少しの勇気が足りなくて
涙隠したね
もう2度とは戻れないと
わかってたのにね
またねと手を振って別れた
いつものように別れた
繋いだ手をほどくのは
思うよりもカンタンだね
でもほどいた手をもう一度
繋ぐのは難しいんだね
I can't smile without you
たった一言が 言えなくて
風が冷たいね
今になって涙してる
私だけ寒いわけじゃ
ない事もわかったの
だけど遅すぎたみたい
距離は何を少しずつ遠ざけるのかな
時間が流れ少しずつ忘れてくのかな
It's Over
大切だったね
何よりも守っていたかった
風が冷たくて
今になって涙してる
私だけ寒いわけじゃ
ない事もわかったの
だけど遅すぎたみたい
距離は何を少しずつ遠ざけるのかな
時間が流れ少しずつ忘れてくのかな
サヨナラいつまでも色褪せない人
サヨナラさえも上手く伝えられずに
It's Over

source: http://cjklyrics.com/ayumi-hamasaki-over.html

這一個夜

林子祥 (George Lam)

這一個夜

曲︰林子祥 詞︰林振強
這一個夜 有一個人 坐於窄巷 呆望門窗 
兩手奏著 結他歌唱 腳邊一只 破舊皮箱
這一個夜 那一個人 眼光裡面 藏著回想 
結他線上 滲出了愁 歌聲帶涼 他一再唱
為何仍然未慣 漆黑的空間
為何常常要 風中慨嘆
何時才能習慣 孤單的孤單
何時才付滿 空虛帳單
這一個夜 我一個人 湊巧過路 提著皮箱 
我心已倦 卻奔向前 跟他對牆 跟他去唱
為何仍然未慣 漆黑的空間
為何常常要 風中慨嘆
何時才能習慣 孤單的孤單
何時才付滿 空虛帳單
這一個夜 我一個人 湊巧過路 提著皮箱 
我心已倦 卻奔向前 跟他對牆 跟他去唱
我心已倦 卻奔向前 跟他對牆 跟他去唱

source: http://cjklyrics.com/george-lam-470702.html

STAND

水樹奈々 (Nana Mizuki)

STAND

あの頃の君はいつも 僕の味方だったね
倒れかけた時でも 夢を語らせたよね
静かに時を過ごして 君は微笑んだから
いつまでも続かないと 忘れる様な日々
全部受け止め 続けて行くことなど
お互いできないと 気づけばぎこちなくなるよね
恋人達はいつの日か 離ればなれになるなんて
疑うこともしないで 見つめ合ってうなずいてた
今頃君のそばには 知らない誰かがいて
寄り添うように二人で 歩いているんだよね
新しい道を見つけて 僕も歩けるのかな
今はまだ進めなくて 空白の様な日々
おくびょうになって 迷ってばかりいると
君には追いつけず 離れた意味はなくなるよね
素敵な想いやりとかで やがて二人に忍び寄る
不安と哀しみの影を 打ち消せたならよかったね
恋人達はいつまでも 歩いて行けると思った
ふざけてそしてじゃれあって 手をつないでた
戻ることはできなくて 経験だけが残ること
知らずにはしゃいでいた頃 僕だけが懐かしく思う
君のそばにいられずに・・・

source: http://cjklyrics.com/nana-mizuki-stand.html

この空を飛べたら

中島みゆき (Miyuki Nakajima)

この空を飛べたら

空を飛ぼうなんて 悲しい話を
いつまで考えているのさ
あの人が突然 戻ったらなんて
いつまで考えているのさ
暗い土の上に 叩きつけられても
こりもせずに空を見ている
凍るような声で 別れを言われても
こりもせずに信じてる 信じてる
ああ人は昔々鳥だったのかもしれないね
こんなにもこんなにも空が恋しい
飛べる筈のない空 みんなわかっていて
今日も走ってゆく 走ってく
戻る筈のない人 私わかっていて
今日も待っている 待っている
この空を飛べたら冷たいあの人も
やさしくなるような気がして
この空を飛べたら消えた何もかもが
帰ってくるようで  走るよ
ああ 人は 昔々 鳥だったのかもしれないね
こんなにも こんなにも 空が恋しい
 
ああ 人は 昔々 鳥だったのかもしれないね
こんなにも こんなにも 空が恋しい

source: http://cjklyrics.com/miyuki-nakajima-473801.html

約翰藍儂

五月天 (Mayday)

約翰藍儂

作詞:瑪莎+阿信 作曲:怪獸 編曲:五月天
那年冬天 子彈 它給了你自由
沒了 軀殼 就活在人們心中
看著 今天 你會笑還是會搖頭
整個世界 曾經 都跟著你作夢
如今和平 依然在歌曲裡頭
猜忌 戰火 還跟著我一起生活
能不能暫時把你的勇氣給我 在夢想快消失的時候
讓我的歌 用力的穿過天空 為我愛的人做一秒英雄
一顆紅豆 為何 想單挑這宇宙
都要 怪你 在我心中播了種
一把 吉他 就想對抗萬千炮火
玩著遊戲 出糗 喧鬧的攝影棚
怪獸 石頭 默默的吐在廁所
OK 再來 要世界為我們感動
#能不能暫時把你的勇氣給我 在夢想快消失的時候
 讓我的歌 用力的穿過天空 為愛我的人做一秒英雄
*能不能暫時把你的夢想給我 在勇氣快消失的時候
 總有一天 要人們叫我披頭 最後沒成功 也做過最美的夢
Repeat #,$
沒有遺憾 最美的夢

source: http://cjklyrics.com/mayday-470510.html

しあわせの鏡

奥華子 (Hanako Oku)

しあわせの鏡

ずっとそばで歩いて行こう 今ここに誓うよ 幸せになろう
今日からあなたと二人で 同じ景色を見て
繰り返してゆく日々が 何より愛しい日々
あなたが嬉しい時は 私も笑っているでしょう
しあわせの鏡がいつも 二人の心を映してゆく
ずっとそばで歩いてゆこう それぞれの未来が重なってゆく
愛を愛を あなたにあげる 今ここに誓うよ 幸せになろう
あなたの事は何でも 知ってるつもりだけど
これから何十年かけて もっとあなたを知ってゆく
少しずつ大人になって お互い違う恋もした
気がつけば辛いとき程 あなたが隣にいてくれたね
ずっとそばで歩いてゆこう 二人で選んでゆく一つの道を
愛を愛を 忘れないでね それだけあればいい それだけでいい
あなたと出会って 二人になって しあわせの鏡を見つけたから
愛を愛を あなたにあげる それぞれの未来が重なってゆく
愛を愛を あなたにあげる 今ここに誓うよ 幸せになろう

source: http://cjklyrics.com/hanako-oku-473735.html

ガンジスに紅い薔薇

ガゼット (The Gazette)

ガンジスに紅い薔薇

例えるなら そう君は
羽広げ水面に落下したがっていたCrow 無邪気に遊ぶ目は何を見る
痩せた手 天を指す少女に どうか安楽を・・・
首にぶら下がるBrassのロザリオ
差し替えられたのは薄茶のLeather Rope
微笑まじりのHymn 途切れると同時に君は踏み外す
揺れる影を見て 理性は削がれた
理解は無意味と散らばるCult 冷たく鳴く鐘の音
寡黙を飾ったFebruary 重ねた掌 祈りは深く
救えぬ神よ どうか回答を
生命の価値を死で感じ その死は生命の花を咲かすと
無色の神と眠る枯れた薔薇
溺れてる君を抱え 美しき闇へと向おう
蝋が溶けるように形は奪われた
影残せぬ明日に 現実以上の何があるだろうか
君に告げる どうか悲しまないで その目に何も映らなくても
寡黙を飾ったFebruary 重ねた掌 祈りは深く
救えぬ神よ どうか回答を
生命の価値を死で感じ その死は生命の花を咲かすと
置き去りの言葉が歌う
寡黙を飾ったBirth day 幾度も祝い続けたこの日に
産まれ育ち愛した此処で
弱く揺られ流れていく その眠りよ永久に美しく
君の旅路を飾った赤い薔薇
安らかにと願うのは 決して情任せの言葉じゃない
君が心から笑えるような 幸福は其処にあるのか

source: http://cjklyrics.com/the-gazette-473507.html

レモネードの夏

松田聖子 (Seiko Matsuda)

レモネードの夏

冷えたレモネード
白いカフェーから
揺れる木洩れ陽を見たの
あとあなたに逢えれば
もうひと足早い夏
樹にうもれた貸自動車
コテージから光を縫って来た
想い出には縛られない
もう恋などする気も無い私
少し淋しげな深い青空が
肩に降り注ぐ避暑地
あとあなたに逢えれば
もうひと足早い夏
今は私は20才
自由に生きる事を憶えながら
一人で生きてる
時が消した胸の痛み
忘れるのに一年かかったわ
逢いたいのは未練じゃなく
サヨナラって涼しく言うためよ
冷えたレモネード
薄いスライスを
噛めばせつなさが走る
あとあなたに逢えれば
もうひと足早い夏
揺れる木洩れ陽を見たの
あとあなたに逢えれば
もうひと足早い夏

source: http://cjklyrics.com/seiko-matsuda-472875.html

© cjklyrics | Blogger Template by Enny Law