Thursday, March 20, 2014

桜並木

奥華子 (Hanako Oku)

桜並木

かじかんだ手を 離せないまま
「元気でね」って言った 卒業の日
あの時見えた 桜並木を
今もあなたは覚えていますか?
潰れた鞄を置いては 私を抱きしめてくれた
苦しくて 嬉しくて 何も言えずにいた
空に舞い散る夢 今も追いかける
桜の花びらに そっとあなたを思った
あの頃の私がいた

息を切らして 駆け抜けてきた
あなたを忘れる為じゃないけど
これで良かったと 誰かの声を
今も私は待っているのかな
二人でいればそれだけで 幸せだと思えたのに
迷ってた 悩んでた あなたを傷つけた
巡る季節の中 街の片隅で
散りゆく花びらに そっとあなたを思った
あの頃の二人がいた
白く染まってゆく 二人のアルバム
めくるページの中 いつもあなたがいたから
愛を見つけた時 遠くのあなたに
「今も元気です」と笑顔で言える気がした
桜舞い散る夢 今も追いかける
散りゆく花びらに そっとあなたを思った
少しだけ手を伸ばした

source: http://cjklyrics.com/hanako-oku-472365.html

あなただけのもの

松任谷由実 (Yumi Matsutoya)

あなただけのもの

夢の中歩くように なぜかしらもどかしく
自分が思いてくる ひとりに今しないで
だから私のとなりにすわって
あなただけのもの
忘れてたものが急に 目の前で輝きだす
まぶしくて歩けない この手をつないでいて
そして そのままどこかへさらって
あなただけのもの
永遠という言葉を 今まで信じなかった
けれども祈るように あなたを見上げている
こんな私がなぜか不思議なの
あなただけのもの

source: http://cjklyrics.com/yumi-matsutoya-470955.html

私生活 (Shiseikatsu)

東京事変 (Tokyo Jihen)

私生活 (Shiseikatsu)

酸素と海とガソリンと
 沢山の気遣いを浪費している
生活のため働いて
 僕は都会(まち)を平らげる
左に笑うあなたの頬の仕組みが
 乱れないように
追い風よさあ吹いてくれよ
背後はもう思い出
向かい風まで吸い込めたらやっと新しくなる
夕日も秋も日曜も
 沢山はない出会いも浪費している
行ったり来たり繰り返し僕は
 時代(ひと)によいしょする
あなたの眼には情けな過ぎて哀れに違いない
羅針盤(コンパス)よさあ指してくれよ
現在地を教えて
既存の地図を暗記してもきっとあなたへ向かう
あなたが元気な日はそっと傍に居たい
あとどれくらい生きられるんだろう?
行かないで!
追い付かせて
待ってあと少しだけ
生きているあなたは何時でも遠退いて僕を生かす

source: http://cjklyrics.com/tokyo-jihen-shiseikatsu.html

カンナ8号線

松任谷由実 (Yumi Matsutoya)

カンナ8号線

チェックのシャツが風にふくらむ
うしろ姿を
波をバックに焼きつけたかった
まぶたの奥に
それははかない日光写真
せつないかげろう
胸のアルバム閉じる日が来るの
こわかったずっと
雲の影があなたを横切り………
思い出にひかれて
ああ ここまで来たけれども
あのころの二人はもうどこにもいない
カンナの花が燃えてゆれてた
中央分離帯
どこへ行こうか待ちどおしかった
日よう日
いつかさそって昔のように
笑いころげたい
うらまないのもかわいくないでしょう
だから気にせずに
ドアを開けて波をきこうよ………
思い出にひかれて
ああ ここまで来たけれども
あのころの二人はもうどこにもいない
思い出にひかれて
ああ ここまで来たけれども
あのころの二人はもうどこにもいない
思い出にひかれて
ああ ここまで来たけれども
あのころの二人はもうどこにもいない
思い出にひかれて
ああ ここまで来たけれども
あのころの二人はもうどこにもいない

source: http://cjklyrics.com/yumi-matsutoya-8.html

不思議の国

倉木麻衣 (Mai Kuraki)

不思議の国

「オハヨウ 又は コンバンハ」
TVから流れてくる声で
目が覚めて耳を傾けあう
「臨時ニュースをここでひとつ…」
「ミルメッド通りの公園の 白ウサギがこの街に」
時計に目を向けると24時 あわてて扉を開けて
約束の君との場所へ
涙の水たまりを飛び越え
今日という日を支配されないうちに
「Let's go now !」
不思議の国 道案内は必要ないよ
時空の中に光る道を
ただ進めばいいから
それでも遥か遥か昔から
そうしてきたように
季節は変わって行くけれど
本当は過去も未来も ずっとずっとひとつにつながって
君には何度も巡り逢っていたのかも知れないね
太陽が目を開ける瞬間 失くした夢を探し出す
忙しく飛び回る時間追いかけ あわてて扉を閉めて
やっと君に辿りついた
言葉に意味を 時間に意志を
明日という日を見失わないように
「Let's go now !」
不思議の国 愚かなルール必要ないよ
君と二人で光る道を
ただ進めばいいから
それでも遥か遥か昔から
そうしてきたように
季節は変わって行くけれど
「Let's go now !」
道案内は必要ないよ
光る道を
ただ進めばいいから
それでも遥か遥か昔から
そうしてきたように
不思議の国 愚かなルール必要ないよ
君と二人で光る道を
ただ進めばいいから
それでも遥か遥か昔から
そうしてきたように
季節は変わって行くけれど
「Let's go now !」

source: http://cjklyrics.com/mai-kuraki-475753.html

悲しい浪漫西

中森明菜 (Akina Nakamori)

悲しい浪漫西

悲しい浪漫西 それでも愛してる
悲しい浪漫西 あなたの他に なんにもいらない
あなたの前で 醒めた愛を演じて
振り向かずに 店を出たの
これから一人 何処へ行けばいいのか
やり直せる道も 判らない
Wait for you
待ちくたびれて 甘い罠に負けそうよ
Say good-bye
腕を組んだら 人目を気にするあなたも好きだった
悲しい浪漫西 涙が止まらない
あなたの隠した 誰かの針に 心が痛いの
やさしい指が そっと髪を撫でたら
あなたと比べてる 馬鹿ね
何処まで行けば 綺麗な華がさくの
焦がれて閉じたまま枯れてゆく
Wait for you
耳を押しあて なぞる文字が懐かしい
Say good-bye
寝返りうって 両手に私を包んでくれた人
悲しい浪漫西 あなたを忘れない
宇宙を飛び越え 再び逢えたら 一つになりたい
悲しい浪漫西 それでも愛してる
悲しい浪漫西 あなたの他に なんにもいらない

source: http://cjklyrics.com/akina-nakamori-475422.html

クムリウタ (Kumuriuta / Cloudy Weather Song)

大塚愛 (Ai Otsuka)

クムリウタ (Kumuriuta / Cloudy Weather Song)

立ち止まって すべてを無にした
目をそらして 逃げてたことを
恥じらって 向かい合うことができたら
奇跡を信じた
蝉は鳴く 響くように
歌うように 死んでいくかな
私も明日消えるなら もっと
ちゃんといれるのかな?
ここに立っていることさえ
時々意識を失いそうになる
曇り空、泣くな まだここは通過点で
曇り空、泣くな 心は本当は強い
フワフワ流れるように
なんとなく 過ごせるけれど
本当は虚しいことには ずっと
前から気付いてた
傷を持って もう一度って
強く誓え 自分を見捨てるな
曇り空、泣くな せめて心を信じて
曇り空、泣くな 待ってる人はいる
深海の中を くるり 泳いで
聞こえる水の声 思い出す
あの雨の日も こんな暗くて
二つある扉
曇り空、泣くな まだここは通過点で
曇り空、泣くな 心は本当は強い
立ち止まって すべてを無にした
目をそらして 逃げてたことを
恥じらって 向かい合うことができたら... 奇跡を信じた

source: http://cjklyrics.com/ai-otsuka-kumuriuta-cloudy-weather-song.html

彼から手をひいて

松任谷由実 (Yumi Matsutoya)

彼から手をひいて

Keep off your hands! 彼から手をひいて
私の大切なパートナーよ
踊り明かす ロッヂのディスコティーク
誰にもじゃまはNo Noさせない
(on Monday) 満員の夜行で
(on Tuesday) 高原の駅まで
(on Wednesday) 彼をねらうのよ
(on Thursday) ほかの娘たちまで
気が気じゃない 困るじゃない 私眠れない
Keep off your hands! 女が思うほど
男はモテないっていうけど
夢に見たの 二人だけのHoliday
こっそり教えてちょうだい ジルバ
熱い視線 あの娘に投げたって
それは彼のほんの気まぐれ
(on Friday) パーティーの晩には
(on Saturday) けんかにやじ馬
(on Sunday) 仲直りにキスして
(and Monday) 街へと帰ろう
やきもちはあきあきと 知ってて好き好き
Keep off your hands! 彼から手をひいて
めんどうがおこらないうちに
Keep off your hands! 彼は私のもの
愛しすぎてる Wow Wowいいでしょう
じゃまはNo Noさせない
じゃまはNo Noさせない

source: http://cjklyrics.com/yumi-matsutoya-474277.html

© cjklyrics | Blogger Template by Enny Law