Sunday, February 9, 2014

西風の贈り物 (Nishikaze no Okurimono, A Gift of the West Wind)

志方あきこ (Akiko Shikata)

西風の贈り物 (Nishikaze no Okurimono, A Gift of the West Wind)

Quando Zefiro danza prendendo Flora per mano,
il mar Tirreno si muta in azzurro e giunge la primavera.
Finisce il cupo inverno il porto è pieno di barche tornate a casa.
Quel ragazzo che cammina lungo il molo con le guance tinte tornerà dal suo amor.
Per il gentile vento che soffia da est il ciel si fa via via sereno,
i pesci risvegliatisi dal lungo sonno sporgon furtivamente la testa tra le onde.
Quando Zefiro sussurra a Flora parole d'amore,
i boccioli dei fiori si gonfian di rosa e giunge la primavera.
I fischi a vapore giungono alla banchina il porto è pieno di gente che va in paesi lontani.
Con la speranza e l'inquietudine nel cuore, i pionieri raggiungeranno terre mai viste.
Il vento dell'est insieme ai fiori si dirige verso nuove città,
le rondini, cantando la canzone appena imparata, gioiscono della nuova stagion.

source: http://cjklyrics.com/akiko-shikata1-nishikaze-no-okurimono-a-gift-of-the-west-wind.html

OH PRETTY WOMAN

伴都美子 (Tomiko Van)

OH PRETTY WOMAN

Pretty woman, walking down the street
Pretty woman, the kind I'd like to meet
Pretty woman
I don't believe you, you're not the truth
No one could look as good as you
Mercy
Pretty woman, won't you pardon me
Pretty woman, I couldn't help but see
Pretty woman
That you look lovely and can be
Are you lonely just like me
Pretty woman, stop awhile
Pretty woman, talk awhile
Pretty woman, give your smile to me
Pretty woman, yeah yeah yeah
Pretty woman, look my way
Pretty woman, say you'll stay with me
Cause I need you, I'll treat you right
Come with me baby, be mine tonight
Pretty woman, don't walk on by
Pretty woman, don't make me cry
Pretty woman
Don't walk away, hey...ok
If that's the way it must be, ok
I guess I'll go on home, it's late
There'll be tomorrow night, but wait
What do I see
She's walking back to me
OH, OH, Pretty woman

source: http://cjklyrics.com/tomiko-van-oh-pretty-woman.html

鳥になって

中島みゆき (Miyuki Nakajima)

鳥になって

愛した人の数だけ 愛される人はいない
落ち葉の積もる窓辺はいつも
同じ場所と限るもの
あなたがとうに昔を忘れたと思っていた
窓にうつった 私の影は
とても だれかに似ていた
眠り薬をください 私にも
子供の国へ帰れるくらい
あなたのことも 私のことも
思い出せなくなりたい
流れる心まかせて 波にオールを離せば
悲しいだけの答が見える
すれ違う舟が見える
誰も眠りの中まで 嘘を持ってはゆけない
眠る額に 頬寄せたとき
あなたは 彼女を呼んだ
眠り薬をください 私にも
子供の国へ帰れるくらい
私は早く ここを去りたい
できるなら 鳥になって
眠り薬をください 私にも
子供の国へ帰れるくらい
私は早く ここを去りたい
できるなら 鳥になって
私は早く ここを去りたい
できるなら 鳥になって

source: http://cjklyrics.com/miyuki-nakajima-476594.html

anti nostalgic

コタニキンヤ (KOTANI Kinya)

anti nostalgic

透明が 夜空染めて
一人歩く いつもの帰り道
口ずさむ こんな気持ち
眠る君に 届けたいな OH… UM…
何かに怯えてる 自分がちょっと嫌になる
告げる想い とり残した日々に…
どこかに忘れてる 心がちょっと痛くなる
時をつなぐ 星の夜に君を探してる
遠ざかる 雲にのせて
ぼくの気持ち 達ち止まる帰り道
君はもう 夢のつづき
届くはずも無い事だと 分かっている
涙がこぼれてる 笑顔がちょっと欲しくなる
君のそばに居れるだけで ぼくは…
誰かが問いかける 理屈がもっと欲しくなる
消える影に まぶし過ぎた日々を映してる
何かに怯えてる 自分がちょっと嫌になる
告げる想い とり残した日々に…
どこかに忘れてる 心がちょっと痛くなる
時をつなぐ 星の夜に君を探してる

source: http://cjklyrics.com/kotani-kinya-anti-nostalgic.html

Selfish

倖田來未 (Koda Kumi)

Selfish

悩むことにそろそろ疲れた
現実の波にのみこまれ
逃げ出したくなる日もあったね
愛だけじゃ縛れないから
新しい空間の中で
リセットしてみた
※I just want to get away
どこか遠くへ
Set me free 離して!動けないから
今より少しましじゃない?
いつかみたいにまた自由になりたいの
Selfish※
振り回され続けてばかりで
どれだけ傷付いたかわかる?
身勝手だね 今さら優しくするなんて
ふざけないでよ!
失ってからじゃ遅すぎる
後悔するのは
I just want to get away
あなたはきっと
私無しでは 輝けないの
今がその時 今日こそは
私の前にひざまずかせてあげるわ
Selfish
I just want to get away
もっと遠くへ
Set me free 離して!何をしたいの?
戻りたいならもう少し
誠意を見せて 言葉じゃ足りないから
(※くり返し)

source: http://cjklyrics.com/koda-kumi-selfish.html

CALM ENVY

ガゼット (The Gazette)

CALM ENVY

CALM ENVY ♪ the GazettE
作詞:ルキ
作曲:ガゼット(the GazettE)
降りしきる雨の音に沈みそうな
(I seem to sink into the sound of the falling rain.)
その約束は誰の夢で 誰の為の夢だろう
(This promise is whose dream, who is this dream for? )
「I want to see all of you.」 「I want to love all of you.」
どうかしてるね (It's this way, isn't it?)
繋ぐ手と逆(やく)のてには いつも知らない香りがしてる
(When our hands are clutched together, there is this unknown scent.)
「I want to see all of you.」 「I want to love all of you.」
息はちゃんと出来てるのに
(Coming from the opposite one.)
「I want to see all of you.」 「I want to love all of you.」
崩(ひゅう)くぞれそうになる
(Although I can breath normally, I seem to crumble eventually.)
言葉よりも深く 愛してくれるなら
(If you could love me deeper than just those words.)
目の前に居るあなただけを 信じていける
(I could believe only you standing before me.)
不意に見せた過去に 触れる度に脆(もろ)く
(In the suddenly showing past, the times we would touch.)
埋め尽くせない空白に 涙浮かべ
(Could not fill the fragile emptiness, floating on those tears.)
安らぎに甘えてても隣のあなたが私の中から 途切れそうになる
(Although I find comfort in this peace,
You, who is beside me is breaking from my inside.)
「I want to see all of you.」 「I want to love all of you.」
答えは笑みに溺れ (The answer is drowning in a smile.)
「You don't love, the everyday shadow when it was lost.」
掻き消せない程 抱えてる (We carry those bonds that I can't let disappear.)
あなたに投(な)げた言葉も 愛してくれるなら
(Even though I threw those words at you, if you could love me.)
目の前に居るあなただけを 信じていける
(I could believe only you, standing before me.)
不意に見せた過去に 触れる度に痛む
(The suddenly shown past, hurts every time you touch me.)
私のいない空白まで 愛したい
(I want to love you to my inner emptiness.)
気付かれないように 涙は拭(ぬく)うから
(Because I won't let you notice how I wipe my tears.)
この以上私の前で 笑わないで
(There is nothing else to laugh about in front of me.)
「さよなら」 を隠(かく)す二人じゃなく
(It's not the two of us, concealing this means the good bye.)
「さよなら」 に泣く二人でいたい
(How I wish it to be us together crying at this farewell.)
思い返すより忘れて欲しい
(More than thinking back about it, I would like you to forget.)
そして私を空白(くうはく)に置いて
(And put me in this empty space.)
もう過ぎた日々を追ったりしないで
(Don't chase those long passed days.)
もうこれ以上置いて行かないで
(Don't leave anything more than what's already left.)
「せめて・・・」 (At least…)
さよならを握り眠る私の
(I hold onto this good bye, as I fall asleep.)
仄(ほの)かな熱(ねつ)を煙草のように消して
(And the faint heat vanishes like tobacco.)
帰らない日々を 愛した人よ
(The days that won't return, the person I loved.)

source: http://cjklyrics.com/the-gazette-calm-envy.html

No More

妖精帝國 (Yōsei Teikoku)

No More

あなたを感じたくて 抱いていて欲しいだけ
あなたと過ごす事以外他に何があるの
抑えきれなくて つらくて苦しいだけ
いつまでこの気持ちのまま立ちつくせばいいの
さりげなく もらってた あの時に目印を
なにげなく わかってた そうだよねお互いに
あなたがいない部屋の冷たい風いらない
心にいるあなたの顔が見えない
あなたを感じたくて 抱いていて欲しいだけ
あなたと過ごす事以外他に何があるの
抑えきれなくて つらくて苦しいだけ
いつまでこの気持ちのまま立ちつくせばいいの
どことなく 感じてた 現状に限界を
たえまなく 問いかけた 失った真実に
あなたも気になるでしょう 憂鬱に耽る夜に
戻れなくてもいいの 今の関係
わたしを騙せなくて これ以上は無理だよね
どれだけ声が遠くても 心 離さないで
壊したくなって 積み上げてきたすべて
どれだけ涙あふれても 体 離れない
あなたを感じたくて 抱いていて欲しいだけ
あなたと過ごす事以外他に何があるの
抑えきれなくて つらくて苦しいだけ
いつまでこの気持ちのまま立ちつくせばいいの
全部あげるから さらけ出して お願い
何もかも飛び出して 何もかも捨て去って
二人だけの行方探しこの街を出ようよ

source: http://cjklyrics.com/y-sei-teikoku-no-more.html

© cjklyrics | Blogger Template by Enny Law