Thursday, January 16, 2014

You and Music and Dream

倉木麻衣 (Mai Kuraki)

You and Music and Dream

柔らかい 光受け
一人漂う 青い空
時の中で 広げた地図は
今はただの 紙飛行機
やがて来る未来まで
手放すの?と涙する
君の瞳伝えてる 昨日よりも next day
I believe in you and music and dream
どんなに頑張っても
君なしじゃ だめなんだ
拒むことも出来ない現実に
I believe in you and music and dream
今よりもずっとずっと 輝いていたいから
辛い日々も耐えていける 勇気をくれた
新しい地図を描き変え
澄み渡る空を believe
いつまでも 忘れず
望み続ければ
君と見る未来へと広がっていくよね
believe...believe
ありがとう
いつか目覚めた時に
涙よりも笑顔で
夢を話す
君のそばにいたいと思う believe...

source: http://cjklyrics.com/mai-kuraki-you-and-music-and-dream.html

雨のレクイエム

中森明菜 (Akina Nakamori)

雨のレクイエム

銀杏の並木は人影もなくて
二つの傘がふるえてる
落葉のジュータン 爪先うずめて
たたずむ私 おいていってね
すぐに地下鉄の駅がある
この場所でサヨナラをしたいから
もしもあなたにあの日逢わなければ
涙など知らずにいられたのに
突然あなたが投げだした傘に
枯葉と雨が舞い落ちる
悲しみだけだね あげられたものは
あなたの声がかすれているわ
私そんなに不幸じゃない
こんなにも愛しさを知ったから
ひとつの傘で寄りそって歩いた
あの時のふたりにもどれないの
静かな雨はレクイエムのようね
こらえてるくちびる ふるえそうよ

source: http://cjklyrics.com/akina-nakamori-476359.html

眩暈坂 (Memaizaka)

陰陽座 (Onmyo-za)

眩暈坂 (Memaizaka)


此の世に不思議なことなど、何もない
鬱瀬身
(うつせみ)
に光は照りつけ 懊悩の果ての業曝(ごうざら)
廻りだした意識の(こえ)は 遠く(くら)い澱の底から
残念、観念の幻想
射干玉(ぬばたま)の夜の乱れ髪 (まなじり)の奥の惑わかし
廻りだした意識の聲は 遠く冥い澱の底から
残念、観念の幻想
「産の上にて身まかりたりし女、其の執心、此のものとなれり
其のかたち、腰より下は血にそみて、
其の声、をばれう、をばれうと鳴くと申しならはせり」
駄螺(だら)だらだらだら…だらだらと
眩暈坂(めまいざか)は続いてゆく
「うふふ。遊びましょう」
「朦朧と煙る視界の中で少女の白い(すね)は朱に染まり
私の耳元で、Yらに…
私は(おそ)れた。
私は走った。
ざわざわと鳴る漆黒の闇を…
狂っているのは
少女なのか
或いはこの私であるのか」
廻りだした意識の聲は 遠く冥い澱の底から
残念、観念の幻想

source: http://cjklyrics.com/onmyo-za-memaizaka.html

能否知我心

林子祥 (George Lam)

能否知我心

作曲:鮑比達 作詞:鄭國江 
能否知我心
能夠相識已榮幸
陪著你心情暢快
我似為你生
能否知我心
能夠相識已無憾
無論有風雷雨雪
變作好光陰
美夢同創 理想天天實行
我用誠意換你信心
懷著希望過一生
一生少缺陷
能否知我心
能夠相識已算緣份
能盡我所能愛你
不枉我此生

source: http://cjklyrics.com/george-lam-471077.html

金魚の箱 (Kingyo no Hako)

東京事変 (Tokyo Jihen)

金魚の箱 (Kingyo no Hako)

もうなんか なんだかわかんないの
あたし血の色 時間無いの
空から丸い味? これから君に飼われる
銀の皿(プレート)に水を張られて無理矢理に呼吸
この世界にあたしは順応 水はいらないの あたし次第 どこで生きる?
あなたがあたしを泳がせる 水面で時々目が会う
嫌い 夢を太らせた金魚なんて
もう一度失くしたあたしを見つめて
苦しむ心が出会った
感じない息をして
金魚姫の中
マンマ カミサマ オキルノヲマッテ アタシタチ ヨゴトナンシュウモ
カガミノナカ エンシュウルツヲ ユカイニネ ススメテイク
タノシムコトヲ シリハジメル ダケドキミトハ アルイミサヨナラ
シカイハタエズ・・・ モウチガウンダ シアワセノナカニイル
アタシガアナタヲオヨガセル ミズトソラ ハサンダコタエハ ドコ?
嫌い 夢を太らせた金魚なんて
もう一度失ったアタシを見つめて
苦しむ心だけにあった感じない息をして
金魚姫を抱く
もうなんか なんだか眠りたいよ
血の色 永遠はないよ
「箱から丸い金魚落ちたよ!」

source: http://cjklyrics.com/tokyo-jihen-kingyo-no-hako.html

オルゴールとピアノと -holy style-

水樹奈々 (Nana Mizuki)

オルゴールとピアノと -holy style-

どれくらい空は遠くから見つめてるの?
そこからはきっとあの場所を見えるのかな?
人はいつでも何かにまよい答えをさがしてる ずっとずっと
うそも上手に使えないまま愛の夢にはかない想いよせる
かけがえのない・・・
小さなこの箱から流れてくI wish you想い出のメロディー
一秒でもふたりでいたいから
Believe your feeling
dreams is satisfied
冷たい雨はあがったから Oh-yeah
告白の橋も ケンカしたことも全部
大切なものでいつまでもそばにいたい
時に小さな思いちがいで描いた未来さえ背を向ける
笑っていても泣きそうだけど きっといつか天気になると思う
大好きだから・・・
涙の深さよりも大切なI wish you魔法の指先
心に強い気持ちくれるから
Believe your feeling
dreams is satisfied
出会った場所に今帰ろう Oh yeah
小さなこの箱から流れてくI wish you想い出のメロディー
一秒でもふたりでいたいから
Believe your feeling
dreams is satisfied
冷たい雨はあがったから Oh-yeah

source: http://cjklyrics.com/nana-mizuki-holy-style.html

Vermilion Tiara

妖精帝國 (Yōsei Teikoku)

Vermilion Tiara

あつく 熔けた
鼓動の中
目で呼び合う 哀しみなら
このまま静かに
永遠に墜ちよ
抱きしめながら美しい
残酷な密度をたかめて
悲劇を誰に捧げるの
終末の涙で描いた
愛がながれてゆく
強く 持った
鎖でいい
痛くなれば 誓いになる
過ちの色は
君に叫ぶ朱
すべて壊れても消えない絆なら
奇跡を呼ぶでしょう
無傷の姫でいられない
Vermilion Tiaraの心で
何を守ればいい?
あつく 熔けた
鼓動の中
目で呼び合う 哀しみなら

source: http://cjklyrics.com/y-sei-teikoku-vermilion-tiara.html

aroma

中島美嘉 (Mika Nakashima)

aroma

なくしたあいつの心を
とりもどすためのいつかの 思い出
ふさいだ 耳にも残るは
最後にあいつがはき出す言葉達
地位や名誉 そればかりからむ
そこから逃げ出し 忘れ物捜し
ダイヤ? 宝? そんな目に見えて
光る物を求めてるんじゃない
力尽きたの私の声も 目も 愛も
髪がからむの 解ける様に そう簡単に ah
失う恐さと弱さを
誰かにうちあける事が出来たなら
かわいた思い出たどるは
最後にあいつが残した香り達
不覚 現実逃避しないで
真っすぐ前だけ見据えて歩く
意味ない 無理ない 人生なんて
愛せる 自分に酔ってしまうだけ
素肌だけじゃない 私の魅力 癖 涙
指がつづるの ごまかす様に そう冷静に ah
隠した写真のありかを
忘れたふりして この胸 かき乱す
涙の 部屋にも 残るは
最後にあいつが愛した香り達
なくしたあいつの心を
とりもどすためのいつかの 思い出
ふさいだ 耳にも残るは
最後にあいつがはき出す言葉達
隠した写真のありかを
忘れたふりして この胸 かき乱す
涙の 部屋にも 残るは
最後にあいつが愛した香り達

source: http://cjklyrics.com/mika-nakashima-aroma.html

How to make it

いきものがかり (Ikimono Gakari)

How to make it

隠しきれない自分の姿 いったん大空へ開いてはまた消えてくけど
一人足並みを揃えるつもりで一瞬躊躇う曇り空になる
心も移ろう気だってする
どーだい?気張った人生に意味などありゃしない
それでも報われたいと願うならむしろ無欲だ でも
案外嫌いになった自分を待ってんだ
存分楽しむことに浸ってさ浮ついた夢を語る腐った傷
幼き日の面影が影法師より永く僕を縛る
安定への鍵と不安定への鍵に 怯え 戸惑い 未来は揺らいでく
Guess! my everything is all right, it's coming through the night.
I wanna go! I wanna be ambitious! and I'll find it's the best way.
Call me with loud voice! Stand up! just like your heroes.
I'm gonna go! I'm gonna be ambitious,
and I'll know how to make it better.
実態共わずして無理して愚痴ってる 単純明快な嘘装って犠牲を翳してみる
実際本来の僕を失くしてるわけじゃない 相当こんがらがって狂ってる
それがむしろ本当の理由
終わることのない「今」に一切合切の願いを叫んでみる
聞こえてくるものは何もない 歪なカタチの不安くらい
見えない 消えない 変わることもない
絶対憂いは存在 当然躊躇う意味はない
その理想隠された万華鏡の中にただ潜んでる
感慨深い時代に均等の愛に酔わされる ただ理想
されど理想だと第三者の声に気付く未来
幼き日の面影が影法師より永く僕を縛る
安定への鍵と不安定への鍵に 怯え 戸惑い 未来は揺らいでく
絶対憂いは存在 当然躊躇う意味はない
その理想隠された万華鏡の中にただ潜んでる
感慨深い時代に均等の愛に酔わされる ただ理想
されど理想だと第三者の声に気付け!
Guess! my everything is all right, it's coming through the night.
I wanna go! I wanna be ambitious! and I'll find it's the best way.
Call me with loud voice! Stand up! just like your heroes.
I'm gonna go! I'm gonna be ambitious, and I'll know how to make it,
絶対憂いは存在 当然躊躇う意味はない
その理想隠された万華鏡の中にただ潜んでる
感慨深い時代に均等の愛に酔わされる ただ理想
されど理想だと第三者の声に気付く未来

source: http://cjklyrics.com/ikimono-gakari1-how-to-make-it.html

マボロシ (Maboroshi / Phantom)

分島花音 (Kanon Wakeshima)

マボロシ (Maboroshi / Phantom)

空想からつくられた私は君の為に在る
姿はない
形も無い
望んだものを想像できます
手の甲は淡彩に
肺は紅に
何万キロの道も
何時間の闇でも
自由自在に君の
思い通り動きます
空間を超えても
存在しない私が
君に向かえないことは
判っているのに…
夢も見ない
心もない
でも君は愛してると
笑ってくれたの
言ってくれたの
点滅する鼓動
君の目から見れば
液晶画面に貼り付けられた信号の様
送りつづけている
光もマボロシ
途絶えてしまえばもうここにはいられない
何時間の闇でも
自由自在に君の
思い通り動けます
空間を超えても
存在しない私は
君に向かえない
判っているのに…

source: http://cjklyrics.com/kanon-wakeshima1-maboroshi-phantom.html

昔の彼に会うのなら

松任谷由実 (Yumi Matsutoya)

昔の彼に会うのなら

昔の彼に会うのなら
まぶしい午後の街がいい
人も車も出払った
バカンスどきの街がいい
食事は裏通りで飲茶(ヤムチャ)にしましょう
映画はなつかしのラヴ・コメディー
少し離れて歩くなら
熱い風吹く街がいい
昔の彼に会うのなら
ちょっと綺麗にしてゆくわ
陽差しの影が落ちるように
白い帽子で出かけるわ
あれからしあわせそうにしてると聞いたよ
いいえ 私 退屈な毎日
本当は、本当は会いに行かないわ
時の女神の気紛れで
二人はきっと変わったわ
夢はさわらぬ方がいい
いたずらに いたずらに

source: http://cjklyrics.com/yumi-matsutoya-473447.html

君の昔を

中島みゆき (Miyuki Nakajima)

君の昔を

君の昔を誰をもらおう 言葉途切れるこの夕暮れに
君はうなじを頑なにして 過ぎた景色に戸を閉ざす
戻れるものなら戻りたいですか
必ずそらす話が きまってあるよね
今も誰かと比べてるみたい
妬んでいる 君と会って君を去った古い仲間を
妬んでいる 君を愛し君を去った古い女を
妬んでいる
君の昔は君に優しい 他人(ひと)を寄せずに君に優しい
君の隣は夢でふさがり 風は私の上に吹く
サヨナラ私は 今日という日だって
悪くはないよって言いたかっただけだよ
いつも誰かと比べていたね
妬んでいる 君と会って君を去った古い仲間を
妬んでいる 君を愛し君を去った古い女を
妬んでいる
いつも誰かと比べていたね
妬んでいる 君と会って君を去った古い仲間を
妬んでいる 君を愛し君を去った古い女を
妬んでいる 君と会って君を去った古い仲間を
妬んでいる 君を愛し君を去った古い女を
妬んでいる

source: http://cjklyrics.com/miyuki-nakajima-473400.html

© cjklyrics | Blogger Template by Enny Law