Wednesday, January 8, 2014

まちぼうけの公園で・・・

ガゼット (The Gazette)

まちぼうけの公園で・・・

夕方に沈むあの公園で僕の名前を呼ぶ彼女の声
おくれてゴメン その一言さえ届きません、届きません。
待ち続けてる彼女の横顔を日が暮れるまでずっと眺めてた
さよならさえ言えなかった さよならさえ言えなかった…
出来る事なら僕を忘れて 淋しいけれどすぐに慣れるよ
最期にもう一度抱きしめたい その気持ちさえもう届きません
九月終りの風が切なく どうしようもなく愛しくて
一秒でもいい ほんの少しだけ 神様、願いを叶えて…
焼きただれた写真の二人は 二度と帰らぬ思い出と変わる
やがて君が運命の人と呼べる日まで涙は隠すよ
君は君はこの僕の事   ずっと忘れはしないと
あの大きな桜の木の下で ずっと君は泣いていた
一人ぼっちがただ怖かった 泣いている君を見てられなかった
僕はここにいる。ここにいるよ? だから淋しがる事はないよ
夕日に沈むあの公園で僕の名前を呼ぶ君の声
愛しています その一言が届きません、届きません。
焼きただれた無言の写真は あの日と同じ笑顔を残して
とても小さくかすれてた声も思いふけては涙が止まらず
君は君はあの頃のまま   何も何も変わる事もなく
あの大きな桜の木の下で  ずっとずっと僕を待っていた
思いでつまったアルバムに何度も何度も呟いて
泣き疲れて眠る君を見ていました
大きな桜の木の下に思い出いっぱいつめ込んで
僕の帰りを待つ君を眺めていた…

source: http://cjklyrics.com/the-gazette-472044.html

愛無罪

迪克牛仔 (Dick & Cowboy)

愛無罪

妳摟住我的雙肩 輕聲說抱歉 我抬起頭看妳的臉
看見深深的疲倦 這一次妳竟然沒有掉眼淚
這一次夜好像顥得特別黑 這才瞭解 妳原來也能這樣決裂
妳說妳從不後悔 愛過這一回 只是我倆沒有明天
愛的越深越有罪 我知道妳不是存心要辯解
我知道妳一定幾夜不能睡 決定之前 妳不知壓下多少傷悲
愛無罪 再過一百年我都這樣以為 活著本來就很累
誰又能保證自己永不犯規 愛無罪 為它吃盡苦頭我也無所謂
如果一定要心碎 是我的榮幸能為妳把心碎

source: http://cjklyrics.com/dick-cowboy-469611.html

トロイメライ

宮野真守 (Miyano Mamoru)

トロイメライ

歌:宮野真守 作詞:成本智美 作曲:成本智美
ずっと抱いていたい そっと抱いていたい あなたへのこの想いを
嘘じゃないよ ほらこんなに 満たされるよ
それぞれの愛が したたる芽に しずくを落とすから
限りある時を忘れ 永遠(とわ)を誓い合う
あなたが生まれて 僕は生きて ひそやかに ひそやかに
恋はまだ そのままで 心を焦がすから 言わないでね
さよならなんて
透明な幻影 夢の中 幼いあなたは笑う
本当だね 変わらないね その笑顔は
それぞれの愛を つなぎあわせ 深い森を歩く
限りない空をあおぎ 何かに気付いてゆく
二人は生きて 今を生きて 悲しみは 止めどないね
ただ一つ 一つだけ あなたに残したいよ 僕の愛を
忘れないでいて
あなたが生まれて 僕は生きて ゆるやかに ゆるやかに
この世界は 変わるけど 心は そのままで ここにあるよ
夢を見るように

source: http://cjklyrics.com/miyano-mamoru-475678.html

愛よりも

中島みゆき (Miyuki Nakajima)

愛よりも

人よ信じるな けして信じるな
見えないものを
人よ欲しがるな けして欲しがるな
見果てぬものを
 形あるものさえも あやういのに
  愛よりも夢よりも 人恋しさに誘われて
  愛さえも夢さえも 粉々になるよ

嘘をつきなさい ものを盗りなさい
悪人になり
傷をつけなさい 春を売りなさい
悪人になり
 救いなど待つよりも 罪は軽い
  愛よりも夢よりも 人恋しさに誘われて
  愛さえも夢さえも 粉々になるよ

星を追いかけて 月を追いかけて
どこまでも行け
黄金(かね)を追いかけて 過去を追いかけて
どこまでも行け
 裏切らぬものだけを 慕って行け
  愛よりも夢よりも 人恋しさに誘われて
  愛さえも夢さえも 粉々になるよ

  愛よりも夢よりも 人恋しさに誘われて
  愛さえも夢さえも 粉々になるよ

source: http://cjklyrics.com/miyuki-nakajima-475340.html

サボテン

ポルノグラフィティ (Porno Graffitti)

サボテン

何処に行くの? こんな雨の中
どんな言葉待ってるの?
今の僕じゃ追いかけられない
瞳を見つめる自信がなくて
呼びあうように出逢ったのに
雨のにおい 冷たい風 不機嫌な雲
窓際の小さなサボテン
こんな日にでも君ときたら水をあげてる
溢れるくらい水をあげてる
恋人という響きに すべて委ねて
顧ることもなくて
君が側にいてくれることも
惜しみない愛にも慣れていたんだね
何処に行くの? こんな雨の中
どんな言葉待ってるの?
心深く濡れてしまうだろ
窓を開けて空を仰いだ
呼びあうように出逢ったのに
雨の音は途切れず聞こえている
知らん顔で黙ったサボテン
僕の事をザァザァと邪魔をしてる
君の居場所 かき消して
会いたいからって 口実に誘った映画を
はしゃいでいた日々を
どうして忘れていたんだろう
馴れあいの関係にウンザリするはずさ
僕が触れた指先にそっと
やわらかいトゲが刺さる
君が見せたささやかなサイン
見落としてしまっていたよ
今ごろ…痛い
何処に居るの? こんな雨の中
僕の気持ち見つかった
僕らきっとうまくやれるはず
ほら、薄日も射してきた
小さな花を咲かそう

source: http://cjklyrics.com/porno-graffitti-474343.html

© cjklyrics | Blogger Template by Enny Law