Friday, January 24, 2014

川景色

松任谷由実 (Yumi Matsutoya)

川景色

川風は草を吹いて
ボンネットをすべって行った いくども
初夏の日は車とめて
腕の中で野球を見ていたわ
水面がまぶしすぎて
なさけない顔になる
あなたが好き
あなただけが大事だった素敵な季節
じっとしてね ちょっとだけ
光と影ゆらさずに
恋が消えてしまったら
この景色も消えるから
切りたての髪をおさえ
今日も強い風の堤防おりれば
想い出はとび石の数
たぐりながら渡って向う岸
流れが音をたてて
足元あやうくする
あなたのあと
あなただけについて行って夢中の季節
ときめいてね ときどきは
私のこと考えて
恋が過ぎてしまっても
この川辺を走るなら
じっとしてね ちょっとだけ
光と影ゆらさずに
恋が消えてしまったら
この景色も消えるから
ときめいてね ときどきは
私のこと考えて
恋が過ぎてしまっても
この川辺を走るなら

source: http://cjklyrics.com/yumi-matsutoya-475267.html

No comments:

Post a Comment

© cjklyrics | Blogger Template by Enny Law