Tuesday, December 3, 2013

DIAMOND CAGE

中島みゆき (Miyuki Nakajima)

DIAMOND CAGE

DIAMOND CAGE 臆病な笑みを
DIAMOND CAGE 檻で囲え
DIAMOND CAGE 臆病な笑みを
DIAMOND CAGE 檻で囲え
DIAMOND CAGE 臆病な笑みを
DIAMOND CAGE 檻で囲え
DIAMOND CAGE 臆病な笑みを
DIAMOND CAGE 檻で囲え
 「悲しい夢など何ひとつひとつ
  見ないで済むなら越したことはない
  悲しい話は何ひとつひとつ
  聞かずに済むなら越したことはない 越したことはない」
DIAMOND CAGE 臆病な笑みを
DIAMOND CAGE 檻で囲え
DIAMOND CAGE 頑丈な檻の
DIAMOND CAGE 中で笑え
誰かがおまえに矢を射かけるかと
怯えて怯えて夜も眠れない
誰かがおまえに毒を盛るかもと
怯えて怯えて水も飲めないね そんなに恐ければ
DIAMOND CAGE ナイフより強い
DIAMOND CAGE 檻で囲え
DIAMOND CAGE 柔らかなヒヨコ
DIAMOND CAGE 息もできず
DIAMOND CAGE ナイフより強い
DIAMOND CAGE 檻で囲え
DIAMOND CAGE 柔らかなヒヨコ
DIAMOND CAGE 息もできず
なのに何故WOMAN 愛し始めたら
なのに何故WOMAN 恐いもの知らずなの
なのに何故WOMAN ダイヤの檻さえも
なのに何故WOMAN 卵の殻みたいね
DIAMOND CAGE ナイフより強い
DIAMOND CAGE 檻で囲え
DIAMOND CAGE 臆病な笑みを
DIAMOND CAGE 檻で囲え
なのに何故WOMAN 愛し始めたら
なのに何故WOMAN 恐いもの知らずなの
なのに何故WOMAN ダイヤの檻さえも
なのに何故WOMAN 卵の殻みたいね
DIAMOND CAGE 頑丈な檻の
DIAMOND CAGE 中で笑え
DIAMOND CAGE 柔らかなヒヨコ
DIAMOND CAGE 息もできず
DIAMOND CAGE
DIAMOND CAGE
DIAMOND CAGE

source: http://cjklyrics.com/miyuki-nakajima-diamond-cage.html

中島みゆき (Miyuki Nakajima)

縁ある人
万里の道を越えて 引き合うもの
縁なき人
顔をあわせ すべもなくすれ違う
あなたを私は追い回す
私はあなたの毒になる
河よ 教えて泣く前に
この縁は ありやなしや
あなたを私は追い回す
私はあなたの毒になる
河よ 教えて泣く前に
この縁は ありやなしや
この縁は ありやなしや

source: http://cjklyrics.com/miyuki-nakajima-471038.html

不思議な世界

宇徳敬子 (Keiko Utoku)

不思議な世界

日焼けした肩ごしに
銀色の水しぶき受けて
心潤す潮風
永遠に閉じ込めてしまいたい
あなたに会って はじめて気づいた
深く根をはる事の大切さ
過ぎて行く時間(とき)の尊い命
不思議な世界の 甘いときめき
まるで魔法にかけられたように
身も心も 洗われてく Oh oh oh
You're really all I need
分かち合う 悩みに
正直すぎる 言葉や仕草
優しさに 隠したけど
束縛してた かなり前から
私の方が 早く出会って
想いもずっと 深いはずなのに
あなたははじめから 解ってた
不思議な世界に 溶けて行きたい
傍にいてね ぎゅっと抱き寄せてね
あなたが決めてくれていいの Oh oh oh
You're really all I need
確かめて Oh my
理想化した虚像を
幸せになりたくて
夢追いかけてた
不思議な世界が 夜を飛び跳ね
息をひそめて 言えなかった “I love you”
星影も人影も光の中でOh oh oh
(You're really all I need)
不思議な世界で 確かめ合って
あなたの全てが 見えてきたから
真面目な恋愛感情 Oh oh oh
愛してる…

source: http://cjklyrics.com/keiko-utoku-474870.html

それ以上言わないで

中島みゆき (Miyuki Nakajima)

それ以上言わないで

自分でなんか言えないことを 貴方自分で知ってたくせに
なにか言わなきゃならないような しずかな海になぜ来たの
少し私が寒そうにすると 貴方いつしか無意識のうち
上着を脱いではおってくる よけいさみしい温もりね
波に洗われて足跡が消えてゆく 貴方の中から私が消えてゆく
君は強い人だからいいね1人でも
だけど僕のあの娘は
・・・ それ以上言わないで
わざと貴方が眠っている時に 迎えにきてよとtelかけたわね
わがままだから愛しているよ はしゃいだ日々がよみがえる
憎み合っての別れじゃなかったと 明日みんなに言わなきゃね
昔 貴方を愛した時も だれかこうして泣いたのかしら
波に洗われて足跡が消えてゆく 貴方の中から私が消えてゆく
君は強い人だからいいね1人でも
だけど僕のあの娘は
・・・ それ以上言わないで
もしも私に勇気があれば ここで貴方を殺したかった
あの娘にあげる心はあげる せめて私に命をほしい
波に洗われて足跡が消えてゆく 貴方の中から私が消えてゆく
君は強い人だからいいね1人でも
だけど僕のあの娘は
・・・ それ以上 言わないで

source: http://cjklyrics.com/miyuki-nakajima-474681.html

Wishing

浜崎あゆみ (Ayumi Hamasaki)

Wishing

出会いからどれ位経つのかは 数えたことないけど
もう随分一緒に過ごしている気がするよ
夜に負けそうな日は 電話してしまういつも
"今からすぐそこへ行こうか"と その言葉だけで救われる
同じ環境で似た様な経験積んで来ているからかな
不思議な程 君の事を近くに感じられる
いつも頼ってばかりごめんね 何にも出来ない私だけど
胸に描いたその夢いつか 叶うのを誰より祈っている
君が大好きなあの人と 幸せになれますように…
ずっとためてたものが 急に溢れ出した時
隣にいた君まで一緒にもらい泣きして笑っていた
星の数程の 出会いと別れを繰り返し
あの頃まだ失うモノの方が多かったけど今は違う
いつも頼ってばかりだけれど 今度は私が守るからね
ホントは君も強くはないし 一人じゃいられない事も知った
君が大好きなあの人と 笑っていられるように…

source: http://cjklyrics.com/ayumi-hamasaki-wishing.html

© cjklyrics | Blogger Template by Enny Law