Friday, September 27, 2013

慟哭

中島みゆき (Miyuki Nakajima)

慟哭

避けられてるかもしれない予感
それとなくそれとなく感じてた
愛されてるかもしれない期待
かろうじてかろうじてつないだ
   話がある、と
   照れたように言いかけたあなた
   逃げる私
   聞けよ、イヤよ、聞けよ、知ってるわ
ひと晩じゅう泣いて泣いて泣いて
気がついたの
ともだちなんかじゃないという想い
ひと晩じゅう泣いて泣いて泣いて
わかったのに
おまえも早くだれかをさがせよと
からかわないで、エラそうに
あやしまれるほど耳もと近く
ひそやかにあなたからたずねた
   どう思う? なんて視線の先
   愛されびとが たたずんでた
   そうね二人とも似合うわ
ひと晩じゅう泣いて泣いて泣いて
気がついたの
ともだちなんかじゃないと想い
ひと晩じゅう泣いて泣いて泣いて
わかったのに
いちばん先に知らせたともだちが
私だなんて 皮肉だね
   でも、笑ってるわ
   でも、ちゃかしてるわ
   こんなひと どこに隠してたの
ひと晩じゅう泣いて泣いて泣いて
気がついたの
ともだちなんかじゃないという想い
ひと晩じゅう泣いて泣いて泣いて
わかったのに
おまえも早くだれかをさがせよと
からかわないで、エラそうに

source: http://cjklyrics.com/miyuki-nakajima-472660.html

Je t'aime

松田聖子 (Seiko Matsuda)

Je t'aime

部屋の中暗くして窓を開けたら
さわやかな香りなの夏の妖精
アンドゥトロワ踊ってる
私にウィンク
アンドゥトロワ踊ってる
そうよ朝まで
机に広げているのは
宛名の消えた love letter
ステップ踏むたび
Je t'aime なぞってゆく夏の妖精
蒼い空散らばった星くずたちも
降りて来る愛の歌くちずさみながら
アンドゥトロワ踊ってる
気軽にウィンク
アンドゥトロワ踊ってる
そうよ朝まで
鏡に映っているのは
私の恋のときめき
トウシューズつま先で
Je t'aime 歌ってゆく夏の妖精
部屋の中暗くして窓を開けたら
さわやかな香りなの夏の妖精
アンドゥトロワ踊ってる
私にウィンク
アンドゥトロワ踊ってる
そうよ朝まで

source: http://cjklyrics.com/seiko-matsuda-je-t-aime.html

小鳥の巣 (Kotori No Su,Small Bird's Nest)

新居昭乃 (Akino Arai)

小鳥の巣 (Kotori No Su,Small Bird's Nest)

凍る夜を越えて飛んできた
あなたのもとへ
銀の羽傷つき その窓を叩いた
くすくす笑いしながらもぐり込んだ毛布
冷えた足を暖めて やわらかいキスで
ここに来るまで誰とも口がきけなかった
暗い闇のとおせんぼ くぐり抜けて来た
金の籠に入れて置いてきた
悲しい夢
微笑んでくれるの?怖がらないように
寂しがりの子供より弱い心かも
そう誰にも話さない 本当のことは
ないしょ話よりそっと打ち明けたつもり
でももうちゃんと知ってる
あなたはいつだって
ダレヲ ダレヲ キズツケタノ
ワタシ コンヤモ コノテデ
ドコヘ ユクノ キガツイタラ
トオク トオク トンデタ
折れた羽で
くすくす笑いしながらもぐり込んだ毛布
冷えた足を暖めて やわらかいキスで
ここに来るまで誰とも口がきけなかった
暗い闇のとおせんぼ くぐり抜けて来た
そっと そうっと 打ち明けたつもり
でももうちゃんと知ってる
あなたはいつだって

source: http://cjklyrics.com/akino-arai-kotori-no-su-small-bird-s-nest.html

© cjklyrics | Blogger Template by Enny Law