Wednesday, September 25, 2013

私なしでも

松任谷由実 (Yumi Matsutoya)

私なしでも

胸の上で 手をくんではだめよ
きっと悪い夢に うなされるから
窓を開けて 寒くしてはだめよ
毛布のような私 もういないから
やがてあなたが寝息をたてるころ
朝陽に縁どられ 始発にのる
二度と来ない町が流れてゆく
枕木ひとつづつ自由になるわ
自分でなく この私のために
近道を選んで しまったと言う
いつかあなたの 気弱な言い訳が
その胸に私を 帰れなくした
やがてあなたが寝息をたてるころ
朝陽に縁どられ 始発にのる
二度と来ない町が流れてゆく
枕木ひとつづつ自由になるわ

source: http://cjklyrics.com/yumi-matsutoya-470130.html

© cjklyrics | Blogger Template by Enny Law