Tuesday, January 8, 2013

スピッツ (Spitz)

忘れはしないよ 時が流れても
悪戯なやりとりや
心のトゲさえも 君が笑えばもう
小さく丸くなっていたこと
代わる代わる覗いた穴から
何を見てたかなぁ?
一人きりじゃ叶えられない
夢もあったけれど
さよなら   君の声を 抱いて歩いてゆく
ああ  僕のままで 何処まで届くだろう
探していたのさ 君と会う日まで
今じゃ懐かしい言葉 
ガラスの向こうには 水玉の雲が
散らかっていたあの日まで
風が吹いて飛ばされそうな
軽い魂で
他人(ひと)と同じような幸せを
信じていたのに
これから   傷付いたり 誰 か傷付けても
ああ  僕のままで 何処まで届くだろう
瞬きするほど 長い季節がきて
呼び合う名前が こだまし始める・・・
聴こえる?
さよなら   君の声を 抱いて歩いてゆく
ああ  僕のままで 何処まで届くだろう
ああ  君の声を  抱いて歩いていく
ああ  僕のままで 何処まで届くだろう
ああ  君の声を・・・

source: http://cjklyrics.com/spitz-470893.html

世界タービン (Sekai Turbine, World Turbine)

平沢進 (Susumu Hirasawa)

世界タービン (Sekai Turbine, World Turbine)

鳴金一下大吹打(ヨングミラテチーター)
世界タービン タービン 世界タービン タービン
朝の風は凄まじく 幾万もの声を消す
通り過ぎる人波に 遠い秘境の景色重ねても
見えぬ空の秘密よ
雨に灼けた往来で キミよ夢に何を見る
(あー だいじょうぶよ タービンが回るわ)
(あー だいじょうぶよ タービンが回るわ)
キミの歌にめくるめく 古い無音の稲妻で
鳴金一下大吹打(ヨングミラテチーター)
割れた壁に手を当てて 遥かキミを感じてた
海を渡る電光の 夢で焚いた火を囲んで待つ
聞こえぬ丘のリズムを
街を急ぐ警笛に キミの歌もかすれて
(あー だいじょうぶよ タービンが回るわ)
(あー だいじょうぶよ タービンが回るわ)
キミの歌にめくるめく 古い無音の稲妻で
世界タービン タービン 世界タービン タービン
世界タービン タービン 世界タービン タービン
大吹打(テチーター) 大吹打(テチーター)
鳴金一下大吹打(ヨングミラテチーター)
大吹打(テチーター) 大吹打(テチーター)
朝の風は凄まじく 幾万もの声を消す
通り過ぎる人波に 遠い秘境の景色重ねても
見えぬ空の秘密よ
雨に灼けた往来で キミよ夢に何を見る
(あー だいじょうぶよ タービンが回るわ)
(あー だいじょうぶよ タービンが回るわ)
海を渡る電光の 夢で焚いた火柱で
世界タービン タービン 世界タービン タービン
世界タービン タービン 世界タービン タービン
世界タービン タービン 世界タービン タービン
世界タービン タービン 世界タービン タービン

source: http://cjklyrics.com/susumu-hirasawa-sekai-turbine-world-turbine.html

© cjklyrics | Blogger Template by Enny Law